Dance with Park Gun Hyung

韓国の俳優 パクコニョンさんを応援しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

movieweek

「movieweek」のサイトにUPされた[Korean Wave in Japan]という記事をご覧になりましたか?
先日の「ダンサーの純情」舞台挨拶の写真が目に入ったので読んでみたのですが
記事の内容は、日本の韓流ブームの対象がドラマから映画へと移っているというもので、
「日本における韓国映画事情」を韓国の記者の方が書かれています。
アミューズやSPOの方のインタビューなどもあり、なかなか面白い記事でした。
こちら


2006021301.jpg

*日本と韓国のポスターの違いについて*
『我が国(韓国)でこの作品は ‘ムン・グニョンの映画’だった。パクコニョンは横顔だけ出る。しかし日本はちょっと状況が違う。二人の主人公をめいめいに気配りしている。日本から出た韓流雑誌たちの表紙が今まで全部男性という事実だけ見ても分かるように、いくら女俳優が人気あっても男たちに付いて行くことができない。たとえ新人と言っても高くなるパクコニョンの人気に備えたようだ。』
ハイ、納得です。(笑) やっぱり日本でのブームの中心は女性ですからねぇ。


2006021302.jpg

知り合いのパ○ヨンハファンのオネエ様にも「かわいい」と好評だったこの写真。
しか~し、劇中、このコニョンさんは登場しませんのでご注意を。

コニョンたんが横を向いていようが、やっぱり韓国版ポスターが好きだなぁ^^

スポンサーサイト
  1. 2006/02/13(月) 23:56:18|
  2. etc.
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<雑誌に登場! | ホーム | サインパネル♪>>

コメント

韓国vs日本ポスターの比較はなかなか面白い記事でしたね。
パクシニャンの「犯罪の再構成」も入ってるし!(笑)
ワタシもどちらかというと韓国のポスターの方が好きです。趣があるっていうか、洗練されてない良さがいいのかな~♪
日本のはやっぱりターゲットが女性だからしょうがないのかもね。
  1. 2006/02/14(火) 21:52:22 |
  2. URL |
  3. SUE #FvLIUmYM
  4. [ 編集]

♪SUEさん

「犯罪の再構成」も入ってましたね~。キム先生は消えて・・・ってとこ笑っちゃいました。韓国版ポスターの方が構図も色合いもおしゃれなのにぃ(><)って思いましたが、たしかにシニャン氏の顔はわかりにくいですもんね。
いつの間にかおっちゃんもすっかり韓流スターになっててビックリですね。
  1. 2006/02/15(水) 09:49:03 |
  2. URL |
  3. ともかな #n08XGfOg
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pgh771101.blog39.fc2.com/tb.php/37-0fbdd4f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ともかな

Author:ともかな
BBS

旧BBS

パクコニョン プロフィール

最近の記事+コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。